トップページ>書籍・報告書の販売
書籍・報告書の販売
当組合で発行している書籍や報告書の販売を行っております。 ※海外からのご注文はお取り扱いできません




書籍・報告書 詳細
営業秘密の保護および米中欧における知的財産権問題
著作者等:
発行年月:
2005年 6月 1日
体  裁:
A4判 231ページ
頒布価格:
一  般 : 3000円(消費税込、送料別)
組合員 : 1000円(消費税込、送料別)
在  庫:
在庫有り
問合せ先:
通商・投資グループ
TEL:03-3431-9348 ; FAX:03-3436-6455



 東アジア諸国の急速な経済発展を背景とした競争激化の中で、営業秘密を巡る企業間の競争は更に熾烈になり、日本企業の営業秘密が海外の競合他社に流出する事例が増加している。また模倣品問題によって日本企業が築き上げてきたブランドへの信頼の毀損が深刻化し、我が国産業の国際競争力の低下が懸念されている。
 これに対し我が国では営業秘密を巡る保護強化が進められ、平成15年に不正競争防止法の一部が改正され、営業秘密の不正取得等に対する民事上の救済措置が強化され罰則が導入されると共に営業秘密侵害に対する刑事罰が導入された。以来営業秘密の民事・刑事双方にわたる的確な保護が進められている。
 こうした状況を踏まえ、一橋大学大学院 国際企業戦略研究科教授 土肥一史氏に、本年6月に成立した不正競争防止法の改正法も含め、ここ3年にわたる営業秘密の保護に関する法改正を中心に取り纏めて頂いた。

●目  次

目次はこちらから

●本書の主な内容

「営業秘密の保護」
「変貌する米国特許制度-先願主義の台頭-2005年米国特許改正法案」
「2005年スペシャル301条報告書(抄訳)」
「2004年における米国関税法337条調査の傾向と今後の見通し」
「中国に研究開発(R&D)センターを設立する際の問題と戦略」
「我が国の知的財産権戦略」
「知的財産権侵害物品に係る水際取締り」
「信託業法改正と知的財産権」
「EUの模倣品対策に関する最新動向」