トップページ>世界経済動向
世界経済動向
最新の世界経済の動向についての解説です
世界経済動向
最新の世界経済動向

中国はコロナウイルス感染症の影響から回復しつつあるも、成長率鈍化。韓国・台湾は感染の影響から回復基調。米国、欧州も感染から回復へ。日本は感染の影響から回復の兆しもまだら模様。前年同期比のGDP(4-6月)は中国+7.9%、フィリピン+11.8%、ベトナム+6.61%、インドネシア+7.07%、タイ+7.5%、マレーシア+16.1%、シンガポール+14.7%、台湾+7.47%、韓国+5.9%、インド(1-3月)は+1.6%

中国はコロナウイルス感染症の影響から回復しつつあるも、成長率が鈍化。韓国・台湾はコロナウイルス感染症の影響から回復基調。米国、欧州も感染から回復へ。日本は感染の影響から回復の兆し。前年同期比のGDPは中国+7.9%、フィリピン-4.2%、ベトナム+4.48%、インドネシア-0.74%、タイ-2.6%、マレーシア-0.5%、シンガポール+0.2%、台湾+8.16%、韓国+1.8%、インド+1.6%。

中国、韓国・台湾はコロナウイルス感染症の影響から回復基調。米国、欧州も感染から回復へ。日本は感染の影響から回復の兆しか。前年同期比のGDPは中国+18.3%、フィリピン-4.2%、ベトナム+4.48%、インドネシア-0.74%、タイ-2.6%、マレーシア-0.5%、シンガポール+0.2%、台湾+8.16%、韓国+1.8%、インド+1.6%

中国、韓国・台湾はコロナウイルス感染症の影響から回復基調。米国は回復の兆し欧州も感染再拡大から回復の兆し。日本は引き続き景気悪化。前年同期比のGDPは中国+18.3%、フィリピン-4.2%、ベトナム+4.48%、インドネシア-0.74%、タイ-2.6%、マレーシア-0.5%、シンガポール+0.2%、台湾+8.16%、韓国+1.8%、インド+0.4%。

中国、韓国・台湾はコロナウイルス感染症の影響から回復基調。米国は回復が踊り場か。日本は引き続き、欧州は感染再拡大で景気が再び悪化。前年同期比のGDPは中国+6.5%、フィリピン-8.3%、ベトナム+4.48%、インドネシア-2.19%、 タイ-4.2%、マレーシア-3.4%、シンガポール-3.8%、台湾+3.33%、韓国+2.2%、インド+0.4%。

米国・新興国経済はコロナウイルス感染症の影響による景気悪化が一服。中国、韓国・台湾は回復基調。日本は引き続き、欧州は感染再拡大で景気が再び悪化。前年同期比のGDPは中国+6.5%、フィリピン-8.3%、ベトナム+4.48%、インドネシア-2.19%、タイ-4.2%、マレーシア-3.4%、シンガポール-3.8%、台湾+3.33%、韓国+2.2%、インド+0.4%

米国・新興国経済はコロナウイルス感染症の影響による景気悪化が一服。中国は回復基調。一方、日本は引き続き、欧州は感染再拡大で景気が再び悪化。前年同期比のGDPは中国+6.5%、フィリピン-8.3%、ベトナム+4.48%、インドネシア-2.19%、タイ-4.2%、マレーシア-3.4%、シンガポール-3.8%、台湾+3.33%、韓国+2.2%、インド-3.8%

米国・新興国経済はコロナウイルス感染症の影響による景気悪化が一服か。中国は回復基調。一方、日本は引き続き、欧州は感染再拡大で景気が再び悪化か。前年同期比のGDPは中国+6.5%、ベトナム+4.48%、マレーシア-2.7%、インドネシア-3.49%、タイ-6.4%、シンガポール-3.8%、フィリピン-11.5%、台湾+3.33%、韓国+2.2%、インド-7.5%。

米国・新興国経済はコロナウイルス感染症の影響による景気悪化が一服か。一方、日本は引き続き、欧州は感染再拡大で景気悪化か。前年同期比のGDPは中国+4.9%、ベトナム+2.62%、マレーシア-2.7%、インドネシア-3.49%、タイ-6.4%、シンガポール-7%、フィリピン-11.5%、台湾+3.33%、韓国-1.3%、インド-7.5%

米国・欧州・新興国経済ともコロナウイルスの影響で景気が悪化するも、下げ止まり。日本は引き続きコロナウイルスの影響で景気悪化が継続。前年同期比のGDPは中国+4.9%、ベトナム+2.62%、マレーシア-2.7%、インドネシア-3.49%、タイ-6.4%、シンガポール-7%、フィリピン-11.5%、台湾+3.33%、韓国-1.3%、インド-23.9%

米国・欧州・新興国経済ともコロナウイルスの影響で景気が悪化するも、下げ止まり。日本は引き続きコロナウイルスの影響で景気悪化が継続。前年同期比のGDPは中国+4.9%、ベトナム+2.6%、インドネシア-5.3%、シンガポール-7%、マレーシア、フィリピン、タイは-10%以上、台湾-0.7%、韓国-2.9%、インド-23.9%。

米国・欧州・新興国経済ともコロナウイルスの影響で景気が悪化するも、下げ止まり感。日本は引き続きコロナウイルスの影響で景気が悪化。前年同期比のGDPは中国+3.2%、ベトナム-0.4%、インドネシア-5.3%、マレーシア、フィリピン、タイ、シンガポールは-10%以上、台湾-0.7%、韓国-2.9%、インド-23.9%

米国・欧州・新興国経済ともコロナウイルスの影響で景気が悪化するも、下げ止まり感。日本もコロナウイルスの影響で景気が悪化。前年同期比のGDPは中国+3.2%、ベトナム-0.4%、インドネシア-5.3%、マレーシア、フィリピン、タイ、シンガポールは-10%以上、台湾-0.7%、韓国-2.9%、インド3%台


PDFファイルを開くためのAcrobat Readerがインストールされていない場合は
左記バナーをクリックしダウンロードしてください。


お問い合わせ 総務企画グループ TEL:03-3431-9379