トップページ>世界経済動向
世界経済動向
最新の世界経済の動向についての解説です
世界経済動向
最新の世界経済動向

米国・欧州経済は消費等に支えられて堅調に推移するも、やや弱含み。 日本は消費・生産・輸出が弱含み。 前年同期比のGDPは中国6.0%、ベトナム7%台、フィリピン6%台、 インドネシア、インド4%台、マレーシア3%台、タイ1%台、シンガ0.8%、台湾3.4%、韓国2.2%。ブラジル、ロシアは長期低迷から回復も懸念材料有。全世界的にコロナウイルスの影響懸念。

米国・欧州経済は消費等に支えられて堅調に推移するも、やや弱含み。日本は消費・生産・輸出が弱含み。前年同期比のGDPは中国6.0%、ベトナム、インド7%台、フィリピン6%台、インドネシア4%台、マレーシア3%台、タイ1%台、シンガポール0.8%、台湾3.4%、韓国2.2%。ブラジル、ロシアは長期低迷から回復も懸念材料有。

米国・欧州経済は消費等に支えられて堅調に推移するも、やや弱含み。日本は消費・輸出が弱含み。前年同期比のGDPは中国6.0%、ベトナム、インド7%台、フィリピン6%台、インドネシア5%台、マレーシア4%台、タイ2%台、シンガポール0.8%、台湾3.4%、韓国2.2%。ブラジル、ロシアは長期低迷から回復も懸念材料有。

米国・欧州経済は消費等に支えられて堅調に推移するも、やや弱含み。日本は輸出・生産が弱含み。 前年同期比のGDPは中国6.0%、ベトナム、インド7%台、フィリピン6%台、インドネシア5%台、マレーシア4%台、タイ2%台、シンガポール0.1%、台湾2.9%、韓国2.0%。ブラジル、ロシアは長期低迷から回復も懸念材料有。

米国・欧州経済は消費等に支えられて堅調に推移するも、やや弱含み。日本は輸出・生産が弱含み。前年同期比のGDPは中国6.0%、ベトナム、インド7%台、フィリピン6%台、インドネシア5%台、マレーシア4%台、タイ2%台、シンガポール0.1%、台湾2.9%、韓国2.0%。ブラジル、ロシアは長期低迷から回復も懸念材料有。

米国・欧州経済は消費等に支えられて堅調に推移するも、やや弱含み。日本は輸出・生産が弱含み。前年同期比のGDPは中国6.2%、ベトナム7%、フィリピン、インドネシア、インド5%台、マレーシア4%台、タイ2%台、シンガポール0.1%、台湾2.4%、韓国2.0%。ブラジル、ロシアは長期低迷から回復も懸念材料有り。

米国・欧州経済は投資、生産、消費等に支えられて堅調に推移するも、やや軟調か。日本は輸出・生産が弱含み。前年同期比のGDPは中国6.2%、ベトナム6%台、フィリピン、インドネシア、インド5%台、マレーシア4%台、タイ2%台、シンガポール0.1%、台湾3.3%、韓国2.1%。ブラジル、ロシアは長期低迷から回復も懸念材料有り。

米国・欧州経済は投資、生産、消費等に支えられて堅調に推移するも、やや軟調か。日本は輸出・生産が弱含み。前年同期比のGDPは中国6.2%、ベトナム6%台、フィリピン、インドネシア、インド5%台、マレーシア4%台、タイ2%台、シンガポール0.1%、台湾3.3%、韓国2.1%。 ブラジル、ロシアは長期低迷から回復も伸び悩み。


PDFファイルを開くためのAcrobat Readerがインストールされていない場合は
左記バナーをクリックしダウンロードしてください。


お問い合わせ 総務企画グループ TEL:03-3431-9379