トップページ書籍・報告書の販売組合出版物訂正のご案内>組合出版物訂正のご案内【輸出管理関係書籍】
組合出版物訂正のご案内
組合の出版物について訂正記事があった場合、こちらに掲載いたします。


輸出管理関係書籍の訂正

組合出版物訂正のご案内【輸出管理関係書籍】

2017年度 訂正分

「パラメータシート<別表第2化学品関連>(平成29年(2017年)8月)」の訂正(17.8.28)
通しページP10~14  (訂正版
輸出令別表第2の35の3の項
<訂正内容>
CISTEC 2016.12.15
(平成28年12月15日施行政省令等対応)

CISTEC 2017.8.16
(平成29年8月16日施行政省令等対応)
<訂正理由> 誤植でしたので、修正致します。


通しページP28  (訂正版
輸出令別表第2の36の項

<訂正内容>
2) 製品中にキダチクアロエを含んでいるか

2) 製品中にキダチアロエを含んでいるか
<訂正理由> 誤植でしたので、修正致します。

「パラメータシート<先端材料関連> (平成29年(2017年)1月)」の訂正(17.8.9)
通しページP55 様式4-07 P4/5 (訂正版
輸出令別表第1の4の項(6) 省令第3条第七号

<訂正内容>
 質問事項 2 単一物質か
 回答欄(いいえ)の、『□ 該当』の記載が間違っていました。
      ↓
 回答欄(いいえ)を、『□ 3へ』の記載に修正します。

<訂正理由>
誤植でしたので、訂正致します。
<訂正内容>
 質問事項 2 単一物質か
 回答欄(はい)の、『□ 3へ』の記載が間違っていました。
      ↓
 回答欄(はい)を、『□ 該当』の記載に修正します。

<訂正理由>
誤植でしたので、訂正致します。

「輸出管理品目ガイダンス<材料加工>2017」(第13版)の訂正(17.7.3)
<訂正箇所>
◇88ページ (訂正版
3.2.2 (9)「光学仕上げ工作機械」の6行目「ハ」の記述を以下の通り訂正
 ハ 輪郭制御軸数が3以上 (誤)
       ↓
 ハ 輪郭制御軸数が4以上 (正)

「パラメータシート<先端材料関連> (平成29年(2017年)1月)」の訂正(17.6.9)
通しページP98 様式5-11 P2/3 (訂正版
輸出令別表第1の5の項(10、11、12) 省令第4条第十一号

<訂正内容>
 質問事項 ニ(一)5 パーフルオロアルカン
 回答欄(いいえ)の、『□(ニ)へ』の記載が間違っていました。
      ↓
 回答欄(いいえ)を、『□ 非該当』の記載に修正します。

<訂正理由>
誤植でしたので、訂正致します。

「輸出貿易管理令別表第1・外国為替令別表 項目別対比表 2017」の訂正(17.5.29)
P.264の輸出令別表第1の6の項(6)、貨物等省令第5条第第八号ロ(一)
1から3の箇所

 訂正内容 訂正版

「輸出管理品目ガイダンス<化学兵器製造関連資機材>第11版2017年3月」の訂正(17.5.24)
<訂正箇所>

◇62ページ(訂正版
  以下の文言を削除
  『なお、該当の弁に専用に設計された部分品だけでなく、該当と非該当の両方の弁を設計対象とした部分品も対象である。』

◇98ページ(訂正版
  以下の文言を削除
  A0-4
  『「前号に掲げるものの部分品であって、次のいずれかに該当するもの」とは、「前号に規定されている該当貨物用の部分品のうち、列挙されている部分品のみ」であって、』


「輸出管理品目ガイダンス<センサー・レーザー・航法>第12版2017年4月」の訂正(17.5.10)
◇訂正ページ:149ページ、151ページ、158ページ

<訂正箇所:>
◇149ページ(訂正版
●[政令]:上から3行目 「及び12」の文言を削除
●[省令]第9条第八号:上から2行目 「(第11条に該当するものを除く。)」の文言を削除

◇151ページ (訂正版
[左枠内]
●「貨物等省令第9条第八号ロ(七)中のビデオカメラ」 の下枠内に以下文言を追記
  ・「貨物等省令第9条第八号ロ(七)6中のカメラの被写体追跡データを内部処理して画像情報に注記できる機能を有するもの」
  ・「スマートフォン、コンパクトデジタルビデオカメラ(ビデオ機能を有するデジタルカメラを含む。)等の民生用のものを除く。」

◇158ページ (訂正版
●上から3行目~10行目迄を以下の文言に変更
 「<省令9条八号ロ(七)>に関して、最近の民生用のデジタルカメラ(一眼レフの高級機からコンパクトな普及機を含め)やスマートフォンなどは、連写やビデオ機能を備えており、解像度が1,200万画素を超えているものが多い。これらについては2016年の運用通達改正で、『貨物等省令第9条第八号ロ(七)6中のカメラの被写体追跡データを内部処理して画像情報に注記できる機能を有するもの』の解釈として『スマートフォン、コンパクトデジタルビデオカメラ(ビデオ機能を有するデジタルカメラを含む。)等の民生用のものを除く』が追加され、規制の対象から外れることが明確化された。」

●上から13行目~15行目
≪注意事項(Q&A含む)≫ から、以下の文言を削除

 「<省令11条四号ホ>及び<省令11条五号>」